2017年2月27日月曜日

受講受付中!
石けん教室のための教室 シャッフル講座 大阪
paosoap ピアノソープレッスン 

日時
2017年3月13日(月)10:00-15:30 

お申し込み、詳細は、こちら


2017年のイースターは4月16日。
イースターの石けんをそろそろ作る時期に。

レシピブログ ハタヤ商会の手作り石けん 更新しました。

どうぞご覧くださいね。


石けんの背景のエッグスタンド
イスキア島の露店で購入


実は、わたしはゆで卵が食べられません…
にもかかわらず、あまりの可愛らしさに買ってしまったエッグスタンド。
石けんの背景として活用できて何よりです。


2017年2月22日水曜日

『ハチブンノハチ』!

『ハチブンノハチ そそいで作る石けんデザイン』もうご覧くださいましたか?
手に取ってくださった皆さま、ありがとうございます!


注ぐだけでできあがる、すてきな模様の石けんが8つ。
レシピ通りに作っても、色や配合を変えて作っても。
これからの石けん作りが一層楽しくなりそうなレシピブックです。
監修は、たおさんこと小幡有樹子さん
 たおさんからの紹介は、こちら

こちらでお求めいただけます。
いまじんさん 
カフェ・ド・サボンさん 
マンデイムーンさん 

ハタヤ商会でもお求めいただけます。
教室にご参加で、本をご希望の方はお知らせくださいね。
レッスン時にお渡しします。
また発送もいたします。
メールにて、ご住所お名前をご記入のうえお申し込みください。
 宛先: saponedihataya@yahoo.it(@全角を半角に変えて)


2月20日、本のお披露目イベントワークショップが千葉と大阪で開催されました。
ご参加の皆さま、ありがとうございます!

目の前で、自分たちが作った本をご覧くださっている人がいる!
と、SAKURAさんもハタヤ商会hatもわたしも、
嬉しく、落ち着かない気持ちで一杯でした。





大阪では、午前はSAKURAさんの『想い出絵本の石けん』を
午後はわたしの『三色すみれの石けん』を、
それぞれ、明るく優しい雰囲気のレッスン、のんびりとくつろいだ雰囲気(ということにしてください)のレッスンをお楽しみいただけたのではないでしょうか。

本を見れば同じ石けんが作れますが、プラスアルファのコツやアイディアなど参考になることがあったなら何よりです。

また近いうちに『ハチブンノハチ』イベントのお知らせができそうです。
どうぞお楽しみに!

2017年1月31日火曜日

paosoapさんのシャッフル講座

たおさんの石けん教室のための教室修了後に勉強会をというリクエストから生まれたシャッフル講座、
受講生の方以外もお申し込みいただけます!
『シャッフル講座 大阪 paosoap ピアノソープレッスン』のお知らせです。

お申し込みは、
明日、2月1日20時から受付開始!

もし、pao先生のブログをご覧になったことがない方は
ぜひご覧ください。
 paosoap
スタイリッシュですてきな石けんの数々!

関西ではなかなか受けられないレッスンです。
直にpao先生のセンスに触れる好機をお見逃しなく。


石けん教室のための教室 シャッフル講座
paosoap ピアノソープレッスン 

日時
2017年3月13日(月)10:00-15:30 

会場
新大阪ココプラザ ミニイベントルーム


pao先生からの案内です。

午前、午後にわたって違う方法でピアノソープを作ります。
ご自分の教室のスタイルに合わせて、アレンジ出来ると楽しいと思います。

午前  基本のピアノソープ
 生地を流してから鍵盤を埋め込む方法で作ります。
作りかたの手順や鍵盤になるコンフェの説明をします。
続けて、午後からのピアノソープの準備をします。

午後  少量でもできるピアノソープ
 鍵盤を埋め込んでから生地を流します。
ご自分の持ってきた型に合わせてコンフェを配置します。
残りの時間で、ピアノソープのカットをデモンストレーションし、切り落とし部分でできるコンフェを使ったデザインソープをご紹介します。
午前、午後の作りかたを復習し、それぞれのコツやアレンジの仕方をご紹介します。

お持ちいただくもの ハーフサイズの型2つ (牛乳パックをお使いの方はハサミやカッター、テープを持ってきてください。)

 それではお会いできることを楽しみにしています。



『石けん教室のための教室 シャッフル講座』大阪
paosoap ピアノソープレッスン 

日時
2017年3月13日(月)10:00-15:30 
途中ランチタイムを挟みます

会場
新大阪ココプラザ ミニイベントルーム

持ち物
ハーフサイズの型2つ (牛乳パックをお使いの方はハサミやカッター、テープを持ってきてください)、筆記用具、石けん持ち帰り用の袋、エプロン、ゴム手袋など。

受講料
6,500円×2=13,000円

お申し込み 2月1日20時から受付開始
ハタヤ商会宛のメールフォームにて
→ http://form1.fc2.com/form/?id=917677


上記メールフォームよりお申し込みください。
3日(土日祝日を除く)以内に、申し込み確認のメールにて
受講料の振込みについてお知らせしますので期日までに
入金願います。

3月12日(日)には いまじんさん にて、京都クラスも開催です。
京都クラスについての詳細、お申し込みは、いまじんさん まで。

どうぞよろしくお願いします。

2017年1月24日火曜日

AYA×SAKURA ニブンノニ

キャンセル1席発生しました!
直前ですが、参加ご希望のかたはご受講いただけます。
 2017/2/16 追記

Grazie!
満席です。
お申し込みありがとうございます!
以降はキャンセル待ちとして受け付けます。
2017/1/25 追記

お待たせしました!
たおさんこと小幡有樹子さん監修
『ハチブンノハチ そそいで作る石けんデザイン』
間もなく完成です。

表紙をちらりと
ハタヤ商会 hatが制作中!


『ハチブンノハチ』お披露目レッスンイベントを大阪で開催します。
『ハチブンノハチ』の中から2つの石けんを作ります。

石けんのレッスン他、デザイン石けんのアイディアや本の作成にまつわるお話など楽しい石けん尽くしの1日です。
しかもレッスンを受講いただくと『ハチブンノハチ』1冊が付いてくる!
ぜひご参加くださいね。

お申し込みは
こちら

『ハチブンノハチ』お披露目レッスンイベント
『AYA×SAKURA ニブンノニ』

日時
2017年2月20日(月) 10:00-15:30
 (途中ランチタイムを挟みます)

会場
ココプラザ  新大阪 別館1階ミニイベントルーム


『思い出絵本の石けん』



『三色すみれの石けん』



『AYA×SAKURA ニブンノニ』

日時
2017年2月20日(月) 10:00-15:30
 (途中ランチタイムを挟みます)

会場
ココプラザ ミニイベントルーム

受講料
8,000円

持ち物
筆記用具、石けん持ち帰り用の袋、ゴム手袋、エプロンなど
お持ちの方は250gバッチサイズのモールド 2つ*
*
『思い出絵本の石けん』は、ミルクまたはカフェタイプを使用。
『三色すみれの石けん』は形状は問いません。
こちらで組み立て式のモールドを用意します。

レッスンをご受講の方に『ハチブンノハチ』1冊差し上げます。
1冊以上ご希望の方は、『その他』の欄にてご予約いただけますのでご利用くださいね。

お申し込み


同日、千葉でも関連イベントが開催されます。
1日でなんと4つの石けんを作れる!
現在満席ですが、引き続きキャンセル待ち受付中。

どうぞよろしくお願いします。


2017年1月1日日曜日

2017

2017
Buon Anno a Tutti!

明けましておめでとうございます

Che il 2017 ti porti salute, serenita e felicita


皆さま、良い1年を!
今年もどうぞよろしくお願いします。

 ハタヤ商会 AYA

2016年12月16日金曜日

自家製の粒マスタード

以前、SAKURAさん が自家製の粒マスタードを添えて手作りのランチを振るまってくださいました。
おいしかった!
SAKURAさんのすてきなお母さんぶりが目に浮かぶような、優しいランチでした。
ありがとうございます!

そして、芽生える下心。
粒マスタード、作れるんだ…
自家製の粒マスタード。
…モテそうだ!
そういう訳で、いざ。


ジェイミーのサイトを参考に、お試しで少量作りました。
ビールがないのでワインを使ったり、はちみつを省いたり、適当に。
 Wholegrain Mustard Recipe, Jamie Oliver


レシピ
マスタードシード 1/2カップ
酢 1/2カップ
白ワイン 適量
塩 小さじ1/2

1
ガラス容器にマスタードシードを入れる。
白ワインをひたひたに注ぎ、一晩放置。


一晩たつと水分を含んで粒がふっくらしています


2
酢を加え、フードプロセッサーやすり鉢でペーストにする。


ぷちぷちした感触が楽しい

歯ごたえを残したかったので、軽くつぶしただけ



味見
この時点では、苦いだけでちっともおいしくない
(不安になるくらい)



3
熟成させる。
苦味が落ち着き、辛味が引き出されたら、塩を加えて完成。
(甘いマスタードがお好きなかたは、はちみつや砂糖を適量加える)
冷蔵庫で保存する。
 わたしは5日間、熟成させました。




爽やか! 辛くて酸っぱくて最高!
(そんなマスタードが好きなので)

こんなおいしいマスタードが簡単に作れるなんて。
マスタードがお好きなかたや、市販のマスタードに少しの不満があるかたは、ぜひ。


以前、たおさんがテストキッチン講座のときに紹介されていた America's Test Kitchen のサイトに詳しい作り方やアレンジなどが載っていたので、覚書。
 How to Make Whole-Grain Mustard, America's Test Kitchen

マスタードシードは、ブラウンマスタードシードが多いと辛めに、
ホワイト(イエロー)マスタードシードが多いとマイルドにしあがるそうです。

静電気でふわふわ動くマスタードシードが気になる猫

わたしは カワチヤさん のマスタードードを使いました。
色から察するに、イエローかな。
十分ぴりりと辛いのですが、辛いものずきとしてはブラウンも使ってみたいところです。

マスタードシードをふやかすときには熱を加えないこと。
熱を加えると、酵素が活性化してマスタードの風味を損なうそうです。

酢は家にあった米酢とリンゴ酢を合わせてみました。
酸度は5%程度が良いようです。


マスタード皿
1930年代 フランス製
ヴァンヴの蚤の市にて購入

pillivuytとa.simonのダブルネーム
そういうのに弱い

マスタード皿に自家製の粒マスタードを入れてサーブするのです。
こんなスカした料理だけは得意なんだけどなあ。
真の料理上手への道のりは遠い…


2016年12月7日水曜日

ハチブンノハチ!

今、手作り石けんの本を作成中です。
タイトルは、『ハチブンノハチ そそいで作る石けんデザイン』
たおさん、こと小幡有樹子さん監修!

8名のデザイン石けんのレシピと作り方を紹介する本です。
 ハタヤ商会hatはデザイナーとして、
 わたしはハチブンノイチ、それから編集として、参加します。
ビジュアルも、とっても格好良い本になるに違いない。
たおさんからの紹介は、こちら

画像とテキストが揃い、わたしはテキストのチェックをしながら、
先に見ることができる特権を噛みしめているところです。
少しずつ仕上がるレイアウトを眺めては、どきどき…
とってもすてきな本になりそうです!

 2月下旬に発売予定。
どうぞお楽しみに! 

また、発売に合わせて、関西でのイベントも計画中です。
 こちらも、乞うご期待。

 参加者
(敬称略 五十音順)


 編集

 デザイン


 監修


発売までに、楽しみな気持ちを煽るようなお知らせや、
これから本を作りたいという方に役立ちそうな
本ができるまでのお話などもできればいいな、と思っています。

どうぞよろしくお願いします。