2016年12月16日金曜日

自家製の粒マスタード

以前、SAKURAさん が自家製の粒マスタードを添えて手作りのランチを振るまってくださいました。
おいしかった!
SAKURAさんのすてきなお母さんぶりが目に浮かぶような、優しいランチでした。
ありがとうございます!

そして、芽生える下心。
粒マスタード、作れるんだ…
自家製の粒マスタード。
…モテそうだ!
そういう訳で、いざ。


ジェイミーのサイトを参考に、お試しで少量作りました。
ビールがないのでワインを使ったり、はちみつを省いたり、適当に。
 Wholegrain Mustard Recipe, Jamie Oliver


レシピ
マスタードシード 1/2カップ
酢 1/2カップ
白ワイン 適量
塩 小さじ1/2

1
ガラス容器にマスタードシードを入れる。
白ワインをひたひたに注ぎ、一晩放置。


一晩たつと水分を含んで粒がふっくらしています


2
酢を加え、フードプロセッサーやすり鉢でペーストにする。


ぷちぷちした感触が楽しい

歯ごたえを残したかったので、軽くつぶしただけ



味見
この時点では、苦いだけでちっともおいしくない
(不安になるくらい)



3
熟成させる。
苦味が落ち着き、辛味が引き出されたら、塩を加えて完成。
(甘いマスタードがお好きなかたは、はちみつや砂糖を適量加える)
冷蔵庫で保存する。
 わたしは5日間、熟成させました。




爽やか! 辛くて酸っぱくて最高!
(そんなマスタードが好きなので)

こんなおいしいマスタードが簡単に作れるなんて。
マスタードがお好きなかたや、市販のマスタードに少しの不満があるかたは、ぜひ。


以前、たおさんがテストキッチン講座のときに紹介されていた America's Test Kitchen のサイトに詳しい作り方やアレンジなどが載っていたので、覚書。
 How to Make Whole-Grain Mustard, America's Test Kitchen

マスタードシードは、ブラウンマスタードシードが多いと辛めに、
ホワイト(イエロー)マスタードシードが多いとマイルドにしあがるそうです。

静電気でふわふわ動くマスタードシードが気になる猫

わたしは カワチヤさん のマスタードードを使いました。
色から察するに、イエローかな。
十分ぴりりと辛いのですが、辛いものずきとしてはブラウンも使ってみたいところです。

マスタードシードをふやかすときには熱を加えないこと。
熱を加えると、酵素が活性化してマスタードの風味を損なうそうです。

酢は家にあった米酢とリンゴ酢を合わせてみました。
酸度は5%程度が良いようです。


マスタード皿
1930年代 フランス製
ヴァンヴの蚤の市にて購入

pillivuytとa.simonのダブルネーム
そういうのに弱い

マスタード皿に自家製の粒マスタードを入れてサーブするのです。
こんなスカした料理だけは得意なんだけどなあ。
真の料理上手への道のりは遠い…


0 件のコメント:

コメントを投稿